薪ストーブのシーズンオフ

もう朝晩ともに随分と暖かくなり
寂しいことですが 薪ストーブに火を入れることが無くなるシーズンを迎えました。

シーズンオフを迎えるにあたり、薪ストーブの点検をお願いします。
これまで毎日使っていた薪ストーブも知らず知らずの間に経年劣化を起こします。

まずは炉内の灰を取り除き、
周囲の耐火レンガの状態を点検して下さい。
b0186205_15452180.jpg

ヒビ割れ程度であれば本体に与える影響は少ないのですが
この耐火レンガが朽ちて本体の鉄板が見える状況ですと
本体を損傷するおそれがありますので速やかに交換が必要です。

次にガスケットロープの点検です。
b0186205_15444970.jpg

b0186205_15450429.jpg

ガスケットロープを指で押さえて弾力があればOKです。
ロープが硬化してしまい弾力が無くなっていれば
このシーズンオフが交換時期かもしれません。

そして、新聞広告又はコピー用紙などを 
巾≒4cm・長さ15~20cmに短冊状に切って準備して下さい。
b0186205_15453987.jpg

この短冊状の紙を扉に挟んで下さい。

b0186205_15455914.jpg

扉をきちんと閉めて短冊状の紙を引張って動かなければ
気密が保たれているということでガスケットロープはまだ大丈夫です。
b0186205_15461505.jpg

この短冊状の紙がスコスコと動く状態であれば
このシーズンオフに交換をして下さい。

このようにシーズンオフに劣化部材を交換することで
薪ストーブはより長く使っていけますので
是非、このシーズンオフは点検をしてみて下さい。

   by Big.Y










by kokiriko001 | 2018-04-27 15:59 | 薪ストーブ | Comments(0)
<< シャンソンライブが開催されました! 「古木里庫うどんづくり教室」開催! >>