梅雨入りまでの薪ストーブ

梅雨入りまでに炉内清掃を!

部屋の湿度が上がると
薪ストーブ炉内に溜った灰も湿気が多くなります。
耐火レンガのスキマに溜った湿気の多い灰により
周辺の鉄部にがでる場合がありますので
梅雨入りするまでに、炉内の清掃をするのがベストかと思われます。

今回は、ハンプトンH300 の炉内清掃をご紹介いたします。

↓まずは準備物です。 ハケ、小さめのチリトリ、真鍮ブラシ
 それと、マスクをお忘れずに!
梅雨入りまでの薪ストーブ_b0186205_13491662.jpg

梅雨入りまでの薪ストーブ_b0186205_13505760.jpg

炉内溜った灰を掃除します
梅雨入りまでの薪ストーブ_b0186205_1351614.jpg

炉内底部に敷かれた耐火レンガを外します。
※耐火レンガは非常に割れやすいので 外す時、復旧の際は十分に注意して下さい。
梅雨入りまでの薪ストーブ_b0186205_13511793.jpg

外した耐火レンガです。復旧することを考え順番に並べておきます。
梅雨入りまでの薪ストーブ_b0186205_13512797.jpg

耐火レンガを外し、灰、ススを除去します。
梅雨入りまでの薪ストーブ_b0186205_13514481.jpg

炉内トップのバッフルに付いた灰、ススも除去します。
梅雨入りまでの薪ストーブ_b0186205_13515347.jpg

↓炉内の清掃完了です。
梅雨入りまでの薪ストーブ_b0186205_1352550.jpg

耐火レンガ復旧完了
梅雨入りまでの薪ストーブ_b0186205_1413289.jpg


続いて、ガスケットロープの確認です。
コピー用紙を短冊状に切り ドアの開閉部分に挟み込みドアを閉めます。
この閉めた状態で短冊に切った紙が動かなければスキマが無いということになり
ガスケットロープは、まだ交換の必要が無いということになります。
梅雨入りまでの薪ストーブ_b0186205_13521646.jpg
梅雨入りまでの薪ストーブ_b0186205_13522865.jpg
梅雨入りまでの薪ストーブ_b0186205_13523985.jpg

この状態で短冊状の紙がスコスコと動く状態の場合は、
シーズンオフの間にガスケットロープの交換をお勧めします。

※シーズンオフの間は、ストーブの空気調整レバーを全開にし、
  またストーブの扉を少し開けておいて下さい。
  こうする事によりお部屋内の暑い空気が薪ストーブの煙突を通って外に排出させます。
  薪ストーブには換気の機能も備わっています。
  また、炉内の湿気による錆対策にもなります。


※古木里庫では、随時 薪ストーブの相談に対応しておりますので
  薪ストーブに興味のある方は、お気軽に古木里庫までお越しください。
        
         by Big.Y  
by kokiriko001 | 2017-05-23 14:42 | 薪ストーブ

古材と薪ストーブのお店「古木里庫(こきりこ)」の情報やイベント、植樹の経過などをご紹介♪


by kokiriko001