『かまどづくりワークショップ~愛農かまどをつくろう~』レポート!

8月20日(土)~22日(月)古木里庫にて、『かまどづくりワークショップ~愛農かまどをつくろう~』を開催いたしました!


b0186205_10034041.jpg
こちらは1日目の記念撮影☆
8月の暑い中ではありましたが、熱意あふれる参加者の皆様のおかげで、無事に3日間で『愛農かまど』をつくりあげることができました!

その模様はFBアルバムよりご覧ください。

こちらのブログでは、その参加者の皆様の素敵な笑顔をお届けいたします(*^^*)


b0186205_10034713.jpg

b0186205_10035408.jpg

b0186205_10040676.jpg



b0186205_10030517.jpg


b0186205_11092889.jpg


b0186205_11081319.jpg


b0186205_11094032.jpg


b0186205_11095525.jpg


b0186205_11100393.jpg


b0186205_11101710.jpg


b0186205_11102725.jpg



b0186205_11141515.jpg


b0186205_11103860.jpg

3日間、9時~16時までと、長時間の作業でしたが、参加者の皆様のやる気は衰えることなく、ますます気迫にあふれつつも、笑顔が絶えず、終始わきあいあいと進んで行きました。

参加者の皆様、ご協力いただいた皆様、そしてご見学にいらしてくださった皆様も本当にありがとうございました!!





b0186205_11105084.jpg

今回講師をお願いしました野呂由彦さん。
三重県で自給自足的暮らしをされる農家の方です。

野呂さんは『愛農かまど』を復刻されて、古木里庫のかまどで25基目になるそうです。

ワークショップの最終日、それも最後のお話では、野呂さんと愛農かまどの出会いを詳しくお話いただきました。

そのお話の内容は、野呂さんと前愛農かまどの木型の持ち主の方との出会いのお話から、その方の戦時中~戦後のお話、日本のみならず中国でのご様子を含めお話いただきました。


戦争中の過酷な状態を乗り越え、その後伝えられた愛農かまど。
その方がいないと今回の古木里庫でのかまどのワークショップも開催することができなかったこと。

奇跡のようなつながりのなか、古木里庫でのワークショップが無事終わり、とても感慨深い心境になりました。

古木里庫では、今後もこの『愛農かまど』を活用し、伝えていきたいと思っております。

『愛農かまど』づくりにご興味のある方はどうぞ古木里庫までご相談ください。


野呂さん並びにそれを伝えてこられた方々に心より感謝をこめて。



by nishiyama

by kokiriko001 | 2016-08-31 11:59 | 木のじかん | Comments(0)
<< 「阿部一成×Atoa. 四国ツ... 原木の玉切り作業 >>