第30回 仁尾竜まつり

仁尾竜まつり
あす 8月5日の夕方 雨乞い竜が登場します。

b0186205_1451112.jpg
b0186205_1452376.jpg


 「雨乞い竜」
仁尾雨乞い竜は、稲わらと青竹で作られています。
地元の多くの人たちによって3年に1度新調されています。

竜の大きさは
全長35m / 重さはなんと2t

まつり当日は200人以上の手によって担がれます。

昨年までの様子は こちらから


16時~屋台村、フリーマーケットなども行なわれます。
是非、ご家族、お友達と一緒に見に来てください!!
 
    By Big.Y
# by kokiriko001 | 2017-08-04 14:15 | 仁尾のまちなみ | Comments(0)

OHK『金バク!』で古木里庫が紹介されます!

8月になりました!

暑い暑い毎日ですね(((>Д<))) 

夏バテをしないように、ガッツリとごはんを食べる毎日です♪(食欲は全然落ちません・笑)

さて、7月のはじめに古木里庫に素敵なお客様がいらっしゃいました☆


b0186205_13470487.jpg
どなたかわかりますか?

判読が難しいと思いますが・・(笑)

OHKの矢野みなみアナウンサーとゲストに金子貴俊さんがお越しくださいました!!

その模様は8月4日(金)19:00~のOHK『金バク!』で放送されます!


今回は、仁尾周辺のお宝探しだそうです!

どんな映像になっているかドキドキワクワク・・・

私は緊張と暑さで汗だくで、きっとメガネが曇っていると思われます・・・(T T)



海も山もある、自然の美しい仁尾町が、さらに素敵に紹介されていたらいいなーと、思います!

b0186205_13465538.jpg
本日の父母ヶ浜。


b0186205_13471038.jpg
潮だまりでは、巻貝が競争するように走り回っていました!

なかなか海のいきものを観察しない人にとっては衝撃だと思われます(笑)



b0186205_13473426.jpg
8月4日の『金バク!』ぜひご覧ください♪

そして、仁尾町にもぜひ遊びにいらしてくださいね(*^^*)




by nishiayma





# by kokiriko001 | 2017-08-01 14:36 | 古木里庫 | Comments(0)

三本木鎮守58

三本木鎮守58


■場所:さぬき市
■種類:スダジイ・タブノキ・アラカシ


先日、さぬき市長尾西で完成見学会を開催させていただいたお宅で三本木鎮守を実施しました!

b0186205_13280290.jpg
b0186205_13275277.jpg
暑い中での作業でしたが、ご夫婦そろって植えていただきました。

ありがとうございました。

by_USA



# by kokiriko001 | 2017-07-28 13:29 | 鎮守の森Project | Comments(0)

薪ストーブの寿命

薪ストーブのほとんどは鋳物または鋼板製ですから 当然、サビが出てきます。
そして、長い時間かなりの高温で燃焼させて使用するわけですから あちこちが劣化してきます。
薪ストーブは、シーズン毎に点検をして、劣化部をきちんとメンテナンスをすることで
長く使い続けることができます。

薪ストーブの寿命は、
使用頻度・燃やし方などによって異なりますが
シーズン中は、乾燥した薪を使用し、また温度管理をきちんとして燃焼させ
オフシーズンには、きちんと掃除、メンテナスをしていれば
20年以上は間違いなく使用できるものと思います。

ESSE ブライトン 清掃前
b0186205_15311050.jpg

ESSE ブライトン 清掃後
b0186205_1532429.jpg


故障しても直せないといった現代の複雑な暖房器具とは違って
薪ストーブはシンプルなアナログの暖房器具ですから
愛着を持って使用管理をしていれば絶対に長持ちしてくれるでしょう。

b0186205_1536134.jpg

薪ストーブは、焼却炉ではありません。
焔を楽しみ暖をとるための道具なのです大切に使いましょう。

       by Big.Y
# by kokiriko001 | 2017-07-20 15:10 | 薪ストーブ | Comments(0)

夏の薪ストーブ

オフシーズンのこの時期、薪ストーブをどうすべきかを紹介させていただきます。

〇掃除・点検・メンテナンスをするチャンスです。
  日本(特に西日本以南)では夏に薪ストーブを使うことは、まず無いと思います。
  この使わない夏は、掃除・点検・メンテナンスをする絶好のチャンスなのです。
  煙突掃除はもちろんのことですが、
  鋳物製の薪ストーブなどは、シーズンを通して使用していれば
  表面の塗装が剥がれていたり、サビが出ていることがあります。
  この様な症状がある場合、耐熱スプレーで塗り直しましょう。
 
 ↓ストーブ本体の補修用の耐熱塗料(ファイヤーサイドのストーブペイントCR1)
  
b0186205_13551544.jpg

  
  ◆ストーブ表面の補修方法はこちらをクリック

  そして、手間ですが炉内の耐火レンガ等を外して内部もブラシ等で磨きましょう。

  また、扉廻りのガスケットロープの点検をしましょう。
  ガスケットロープが劣化していれば交換をしましょう。
  ↓ガスケットロープの交換手順
  
b0186205_1405735.jpg

  
b0186205_1411724.jpg

  少々、手間はかかりますが
  シーズンごとに点検・メンテナスをすることで
  薪ストーブをより長く使い続けることができると思います。

  ご質問・ご相談等があれば、お気軽に古木里庫までお問い合わせください。
  
    by Big.Y
# by kokiriko001 | 2017-07-13 14:14 | 薪ストーブ | Comments(0)