カテゴリ:薪ストーブ( 65 )

週末の寒波に向けて、薪の配達!!

この週末、気温がグッと下がるということで
今日は丸亀の薪ストーブオーナーさま宅へ薪の配達です。


薪棚に搬入中

b0186205_15250363.jpg
b0186205_15253176.jpg

薪棚搬入積込み完了

※薪棚に並べる際の注意事項として
 割った面を上に向けて置いて下さい。
 こうする事で、より薪の乾燥が進みます。

b0186205_15260468.jpg

薪ラックも同様に割った面を上に向けて下さい。

b0186205_15262300.jpg


薪ストーブに興味のある方は、
是非、古木里庫までお越し下さい。
そして、薪ストーブのやわらかい暖かさを体感して下さい。

by Big.Y






by kokiriko001 | 2017-11-17 15:37 | 薪ストーブ | Comments(0)

いよいよ薪ストーブシーズンの始まりです!

いよいよ薪ストーブシーズンの始まりです。

朝の気温が10℃以下となった本日、古木里庫ギャラリーのハンプトンに火入れを行いました。

b0186205_14263948.jpg
b0186205_14265233.jpg
b0186205_14270656.jpg

このオーロラのような焔のゆらめき! 心が癒されます。

古木里庫では、随時 薪ストーブの相談に対応しております。
薪ストーブに興味のある方は、お気軽に古木里庫へお越しください。

薪ストーブのやわらかい暖かさと焔のゆらめきを
是非 古木里庫で体感してください。

by Big.Y


by kokiriko001 | 2017-10-31 14:34 | 薪ストーブ | Comments(0)

薪ストーブメンテナンス

5年前に設置したハンプトンH300のメンテナンスに行ってきました。

b0186205_08322020.jpg
b0186205_08334202.jpg
炉内いっぱいに薪を入れて燃焼させていたために
炉内温度が異常に高温となりバッフルが変形していました。

決められた燃焼温度を超えて長時間燃焼させると
ストーブ内部が熱酸化を起こし、ボロボロと内部が錆び落ちてきます。

フロントドアの耐熱ガラスも長時間高温燃焼を続けていますと
表面が焼き付いてしまいます。

b0186205_08332478.jpg

↑バッフル交換後です。

b0186205_08343351.jpg

↑ガラス交換中です。

b0186205_08345427.jpg

↑ガラス交換後です。

b0186205_08353565.jpg

↑サイドドア メンテナンス前

b0186205_08360155.jpg

↑ガスケット交換/保護カバー研磨塗装後です。

b0186205_08363577.jpg

↑サイドドア吊り込み調整後

b0186205_08373375.jpg
↑フロントドア吊り込み調整後

メンテナンス完了です。

燃焼温度が低いと煙突詰りの原因になります。
逆に高過ぎるとこのように本体の損傷につながります。

薪ストーブは焼却炉ではありません。

使用の際は、きちんと温度管理を行って
炎のゆらめきとやわらかい暖かさ体感してください。
そしてより良いストーブライフをお過ごしください。

※古木里庫では、随時 薪ストーブの相談に対応しておりますので  
薪ストーブに興味のある方は、お気軽に古木里庫にお越しください。


by Big.Y




by kokiriko001 | 2017-10-19 09:32 | 薪ストーブ | Comments(0)

『ストウブお料理教室in古木里庫』開催!

古木里庫より久々のイベントのお知らせです!

11月18日(土)19日(日)、古木里庫薪ストーブショールームにて『ストウブお料理教室in古木里庫』を開催いたします。


b0186205_10030321.jpg
b0186205_10033256.jpg

今回講師にお招きするのはこちらの『ストウブで無水調理』の著者の大橋由香先生です。

b0186205_09570170.jpg
b0186205_09570925.jpg
大橋先生は神奈川県厚木市で「ストウブビストロはるひごはん」を主催されており、ストウブ鍋を使って食材のおいしさを最大限にいかした無水調理を中心にお料理を提供されています。

また、開催されるお料理教室は大人気で、ストウブ鍋の使い方や特長などをデモンストレーション形式で教えてくださいます。


b0186205_09571653.jpg
当日は参加無料のストウブ鍋相談会も開催!

さまざまなサイズやデザインのお鍋が揃い、注文・購入も可能ですので、ぜひお気軽にご来場ください。


■ストウブお料理教室in古木里庫■

日 時 11月18日(土)13:00-15:30(定員 18名/予約制)
       19日(日)10:00-12:30(定員 18名/予約制)
参加費 5,000円/回
準備物 筆記用具、エプロン
場所 古木里庫


■18日(土)13:00-15:30
 【はじめてのストウブで無水調理】(定員18名/予約制)
  
 メニュー 豚肉とお野菜のストウブ煮込み
      炊飯
      じゃがいもの蒸し方~豆乳マヨネーズのポテサラ~

※ストウブ鍋が初めての方、ストウブ鍋をお持ちで使い方を知りたい方、ストウブ鍋のよさ「無水料理」のやり方を学べる初めての方向けレッスンです。


■19日(日)10:00-12:30
 【ストウブでおもてなし料理】(定員18名/予約制)

 メニュー 無水スパイスチキンカレー
      から揚げ
      玄米炊き


★しっかりとメモを取っていただけるようにデモンストレーション中心の料理教室です。
 デモンストレーション後、ゆっくりご試食していただけます。


■ストウブ相談会
 11月18日(土)16:00-17:00
    19日(日)13:00-15:00
 参加費 無料(試食有)※数に限りがあります。
ストウブの選び方、使い方、お料理の仕方などの相談会です。
予約なしでご参加いただけます。お気軽にご来場ください。



●●●お料理教室お申込み方法●●●

①お名前②ご住所③お電話番号④ご希望日を明記のうえ、下記までお申込みください。
定員になり次第締め切ります。
参加については担当者からの折り返しの連絡をもって完了とさせていただきます。

★受付開始★10月20日(金)10:00~
※22日(日)はメール・FAXのみ受付。23日にお返事いたします。

お申し込み先
古木里庫 
TEL 0875-82-3837 
FAX 0875-82-3844 
MAIL kokiriko@suga-ac.co.jp



これから寒くなる季節。
あったかい煮込み料理はうれしいですね☆
ぜひぜひご参加くださいませ☆


by nishiyama





by kokiriko001 | 2017-10-18 16:27 | 薪ストーブ | Comments(0)

薪ストーブ煙突掃除

先週の水曜日の午後から
仁尾町のO様の別荘へ煙突掃除に伺いました。

b0186205_15560919.jpg
b0186205_15565606.jpg
b0186205_15563198.jpg
b0186205_15570771.jpg
設置して4年が経過していましたが
別荘ということもあって年間に使用する日が数日と少なく
ほとんど煤も付いてない状況でした。

O様にシーズンオフ中の注意事項を説明して完了です。

※古木里庫では、随時薪ストーブの相談に対応しておりますので
 薪ストーブに興味のある方は、お気軽に古木里庫までお越しください。

    by Big.Y

by kokiriko001 | 2017-10-16 16:12 | 薪ストーブ | Comments(0)

薪ストーブの寿命

薪ストーブのほとんどは鋳物または鋼板製ですから 当然、サビが出てきます。
そして、長い時間かなりの高温で燃焼させて使用するわけですから あちこちが劣化してきます。
薪ストーブは、シーズン毎に点検をして、劣化部をきちんとメンテナンスをすることで
長く使い続けることができます。

薪ストーブの寿命は、
使用頻度・燃やし方などによって異なりますが
シーズン中は、乾燥した薪を使用し、また温度管理をきちんとして燃焼させ
オフシーズンには、きちんと掃除、メンテナスをしていれば
20年以上は間違いなく使用できるものと思います。

ESSE ブライトン 清掃前
b0186205_15311050.jpg

ESSE ブライトン 清掃後
b0186205_1532429.jpg


故障しても直せないといった現代の複雑な暖房器具とは違って
薪ストーブはシンプルなアナログの暖房器具ですから
愛着を持って使用管理をしていれば絶対に長持ちしてくれるでしょう。

b0186205_1536134.jpg

薪ストーブは、焼却炉ではありません。
焔を楽しみ暖をとるための道具なのです大切に使いましょう。

       by Big.Y
by kokiriko001 | 2017-07-20 15:10 | 薪ストーブ | Comments(0)

夏の薪ストーブ

オフシーズンのこの時期、薪ストーブをどうすべきかを紹介させていただきます。

〇掃除・点検・メンテナンスをするチャンスです。
  日本(特に西日本以南)では夏に薪ストーブを使うことは、まず無いと思います。
  この使わない夏は、掃除・点検・メンテナンスをする絶好のチャンスなのです。
  煙突掃除はもちろんのことですが、
  鋳物製の薪ストーブなどは、シーズンを通して使用していれば
  表面の塗装が剥がれていたり、サビが出ていることがあります。
  この様な症状がある場合、耐熱スプレーで塗り直しましょう。
 
 ↓ストーブ本体の補修用の耐熱塗料(ファイヤーサイドのストーブペイントCR1)
  
b0186205_13551544.jpg

  
  ◆ストーブ表面の補修方法はこちらをクリック

  そして、手間ですが炉内の耐火レンガ等を外して内部もブラシ等で磨きましょう。

  また、扉廻りのガスケットロープの点検をしましょう。
  ガスケットロープが劣化していれば交換をしましょう。
  ↓ガスケットロープの交換手順
  
b0186205_1405735.jpg

  
b0186205_1411724.jpg

  少々、手間はかかりますが
  シーズンごとに点検・メンテナスをすることで
  薪ストーブをより長く使い続けることができると思います。

  ご質問・ご相談等があれば、お気軽に古木里庫までお問い合わせください。
  
    by Big.Y
by kokiriko001 | 2017-07-13 14:14 | 薪ストーブ | Comments(0)

梅雨入りまでの薪ストーブ

梅雨入りまでに炉内清掃を!

部屋の湿度が上がると
薪ストーブ炉内に溜った灰も湿気が多くなります。
耐火レンガのスキマに溜った湿気の多い灰により
周辺の鉄部にがでる場合がありますので
梅雨入りするまでに、炉内の清掃をするのがベストかと思われます。

今回は、ハンプトンH300 の炉内清掃をご紹介いたします。

↓まずは準備物です。 ハケ、小さめのチリトリ、真鍮ブラシ
 それと、マスクをお忘れずに!
b0186205_13491662.jpg

b0186205_13505760.jpg

炉内溜った灰を掃除します
b0186205_1351614.jpg

炉内底部に敷かれた耐火レンガを外します。
※耐火レンガは非常に割れやすいので 外す時、復旧の際は十分に注意して下さい。
b0186205_13511793.jpg

外した耐火レンガです。復旧することを考え順番に並べておきます。
b0186205_13512797.jpg

耐火レンガを外し、灰、ススを除去します。
b0186205_13514481.jpg

炉内トップのバッフルに付いた灰、ススも除去します。
b0186205_13515347.jpg

↓炉内の清掃完了です。
b0186205_1352550.jpg

耐火レンガ復旧完了
b0186205_1413289.jpg


続いて、ガスケットロープの確認です。
コピー用紙を短冊状に切り ドアの開閉部分に挟み込みドアを閉めます。
この閉めた状態で短冊に切った紙が動かなければスキマが無いということになり
ガスケットロープは、まだ交換の必要が無いということになります。
b0186205_13521646.jpg
b0186205_13522865.jpg
b0186205_13523985.jpg

この状態で短冊状の紙がスコスコと動く状態の場合は、
シーズンオフの間にガスケットロープの交換をお勧めします。

※シーズンオフの間は、ストーブの空気調整レバーを全開にし、
  またストーブの扉を少し開けておいて下さい。
  こうする事によりお部屋内の暑い空気が薪ストーブの煙突を通って外に排出させます。
  薪ストーブには換気の機能も備わっています。
  また、炉内の湿気による錆対策にもなります。


※古木里庫では、随時 薪ストーブの相談に対応しておりますので
  薪ストーブに興味のある方は、お気軽に古木里庫までお越しください。
        
         by Big.Y  
by kokiriko001 | 2017-05-23 14:42 | 薪ストーブ | Comments(0)

薪ストーブの煙突掃除

まだ、5月の中旬だというのに
連日30℃に近い気温が続いております。

さすがに こう暑くなると
薪ストーブも 大変寂しいことですがシーズンオフに入ります。

昨日の晴天の日曜日に財田町とまんのう町に煙突掃除にお伺いしました。

午前中は昨年11月に火入れを行ったHさま邸
古木里庫で薪ストーブを設置してしていただいたお客様には
初回の煙突掃除を無償で行なっております。
Hさまは、来年からはご自身で煙突掃除を行なうため
熱心に手順をマスターしておられました。
b0186205_16544330.jpg
b0186205_1655980.jpg
b0186205_16552987.jpg

↓煙突掃除と炉内清掃が完了した状態です。
b0186205_16554544.jpg

掃除によって出た煤です。結構な量にHさまもびっくり!!
b0186205_1656753.jpg


午後からはまんのう町のKさま邸へ
↓煙突掃除中
b0186205_16564015.jpg

↓煙突掃除と炉内清掃が完了した状態です。
b0186205_1657246.jpg


※古木里庫では、随時 薪ストーブの相談に対応しておりますので
  薪ストーブに興味のある方は、お気軽に古木里庫までお越しください。

  by Big.Y
by kokiriko001 | 2017-05-15 17:09 | 薪ストーブ | Comments(0)

ESSE 200 ブライトン炉内清掃

随分と暖かくなり、薪ストーブシーズンも終わりの季節となってきました。
シーズンオフを迎えるにあたり、
ESSE 200 ブライトンの炉内の清掃方法を今回はご紹介いたします。

準備するものは、小さめのチリトリ、刷毛、真鍮製のワイヤーブラシ
それとマスクを準備。
b0186205_9541376.jpg

まず、炉内に溜った灰を除去します。
b0186205_9543165.jpg
b0186205_9544854.jpg

サイドの耐火レンガをずらして 炉内トップの耐火レンガ製バッフルを外します。
b0186205_955878.jpg
b0186205_9553197.jpg

耐火レンガは割れやすいので慎重に外してください。

炉内トップに付いている煤の状態です。
b0186205_95556100.jpg
b0186205_9561888.jpg

外した耐火レンガの煤を刷毛で除去します。
b0186205_9563024.jpg
b0186205_9564281.jpg

炉内トップ部分の煤をワイヤーブラシで除去した状態です。
b0186205_9574730.jpg

次に、炉内下部に溜った灰と煤を除去します。
b0186205_9583262.jpg

b0186205_9584435.jpg
b0186205_959488.jpg

最後に耐火レンガを復旧して終了です。
b0186205_10301110.jpg


煙突掃除をしても、煙の引きが悪い状況であれば、
一度、炉内清掃を行って下さい。

これから、随時、薪ストーブオーナーの方の煙突掃除に伺いますので
薪ストーブのシーズン中の燃焼状況をお知らせください。

 by Big.Y
by kokiriko001 | 2017-04-30 10:26 | 薪ストーブ | Comments(0)